分割セッション

プロセス&テクノロジ

[202] テクニカルヘルプデスクの価値を高める!グローバル石油企業におけるツール導入の成功事例

10月19日(木) 14:00〜 ルーム1

問い合わせ管理、申請ワークフロー、ナレッジベースなどの機能を備えたヘルプデスク/サービスデスクの業務を支援するツールは多数存在します。しかし、単にパッケージを導入するだけでは、業務の効率化には寄与しません。「記録先がエクセルからWeb画面に変わっただけ…」という、成果を生み出さない失敗プロジェクトになってしまいます。本セッションでは、『グローバル石油企業』における、アジアパシフィック地域向けヘルプデスクツール導入プロジェクトでの支援事例をご紹介しつつ、「ツール選定の方法」、「ツール導入時の注意事項」、「ツール導入後の効果」などについてご説明します。

スピーカー

二萬章吾氏

株式会社フェス
第2事業部 コンサルティング&トレーニング シニアコンサルタント


中小企業診断士/ITコーディネータ。マーケティング会社にて、コンサルティング部門ディレクタとして、大手SIer複数社に対する、マーケティング/ブランド戦略立案コンサルティング及び実行支援業務に従事。2013年9月、株式会社フェス入社。コンサルタントとして、ITSMプロセス構築、業務改善支援、ITガバナンス強化等の各種プロジェクトに従事。また、ITILツール技術担当リーダとして、顧客への各社ツール提案、メーカとの調整、導入支援PJにおけるPMを担当。

二木光一氏

株式会社フェス
第2事業部 統括グループ チームリーダ


2008年5月、株式会社フェス入社。ミドルウェア製品のサービスデスク、導入支援に従事。その後、医療ヘルプデスクのリーダを経験し、中でも品質向上、見える化目的のために、インシデント管理の運用改善に注力。その他、Windowsサーバ移行やBIシステムのJOB運用管理など従事。現在は、営業として技術者提案、ツール提案、実装などを担当。

全てのセッションを表示