分割セッション

ピープル&ストラテジ

[501] コールセンターあるあるとシンプル育成
 〜CCフレームワークの活用〜

10月20日(金) 9:15〜 ホールA・B

1991年からサポート業務に携わり、デスクサイドサポート⇒システムヘルプデスク⇒事故サポートデスクまで数々のサポート現場を経験しているうちに25年を超える歳月が経ちました。今回は、BtoBおよびBtoCのセンター長経験をもとに、コールセンターマネージャーが思わず頷く「あるある」を共有したうえで、コア人材の育成について、「仕組み」を活用した育成事例を、共感あり、笑いありのセッションで、短くも濃い時間をともに過ごしていただき、拙い経験の何か一つでも持ち帰っていただければ幸いです。

スピーカー

安東徹治氏

SOMPOコミュニケーションズ株式会社
品質部 執行役員 品質部長


1989年4月、現在のSOMPOシステムズ株式会社に入社。
入社後、自賠責保険システムの設計・プログラム開発業務に就く。1991年より損害保険代理店システムの個別サポート、インストラクター、マニュアル作成、システムヘルプデスク業務を経て、グループのコールセンター戦略にともない、現所属会社に転籍。その後、システムヘルプデスクのセンター長(2004-2009年)、事故受付センターのセンター長(2010-2012年)を歴任し、2013年1月より本社・業務革新部長として、センター運営品質の可視化(センターアセスメント)に携わり、2016年4月より品質部長に就任。応対品質&VOCも加わり、センター品質全般の横串機能として奔走中。

全てのセッションを表示