分割セッション

ピープル&ストラテジ

[301] パネルディスカッションAI時代における音声認識の「期待」と「課題」

10月18日(木) 15:15〜 ホールA・B
AI音声認識には、大きな期待が寄せられる一方で、まだまだ導入に至っていないケースが多々見受けられます。その理由は一言で言うと「結局何ができるのか分からない」に尽きるのではないでしょうか。
現在、AI音声認識は何ができて、何ができないのか。国内の有力なベンチャー賞で多くの受賞歴がある技術集団「Hmcomm株式会社」と、実際にAI音声認識を導入している通販企業「株式会社協和」が音声認識のリアルを本音で対談いたします。

三本 幸司 氏

Hmcomm株式会社
CEO

スピーカー:大手ソフトウェア会社の取締役を経て、2012年に独立、創業。2014年に産総研発ベンチャー認定を受け、音声認識の実用化及び人工知能との融合に挑む。

針金 一平 氏

株式会社協和
情報戦略グループ IT化推進2チーム チーム長

スピーカー:大手化粧品メーカーにて、生産技術、経営企画、新規事業(通販事業)の立ち上げ、国際部門の業務に従事。2017年株式会社協和に入社し、自動音声認識、チャットボット、RPA等、AIの活用、IT化の推進に取り組んでいる。

田村 佳士 氏

株式会社セントメディア
コールアンドオフィスデザイン事業部 営業推進部 事業開発グループ リーダー

スピーカー:2015年新卒入社。現在、Hmcomm社製品を中心としたソリューション営業に従事。

全ての「ピープル&ストラテジ」セッションを表示

全てのセッションを表示