分割セッション

KCS

[301] KCS v6認定のServiceNow CSMを活用したEnd-to-Endのサービス管理

10月17日(木) 15:15〜 花の間 A
ナレッジマネジメントは、カスタマーサービスを提供する上で重要な要素となっています。 チャットボットなどの新しいテクノロジーの根底をなす機能であり、また顧客とエージェントの両方が使用することでサービスコストを削減すると同時に、問題の早期解決によって顧客満足度を高めることができるためです。
KCS v6認定製品であるServiceNowカスタマーサービスマネジメント(CSM)では、顧客からの問い合わせをコールセンター内だけで管理するのではなく、関連部署とスピーディーに共有、管理することでEnd-to-Endのカスタマーサービス管理が可能となります。この真の意味で顧客体験を向上させ、企業の成長を可能にする方法について事例を交えて説明いたします。

李 広泰 氏

ServiceNow Japan株式会社
プロダクトソリューション統括本部 カスタマーサービスマネジメント事業部 事業部長

スピーカー:15年以上にわたる、カスタマーサービスに関わるコンサルティング、ダイレクトセールス、チャネルセールスなどの経験を有す。ジェネシス、ドキュサインなどのカスタマーサービス、SaaS企業を経て、現在はServiceNow Japanにてカスタマーサービスマネジメント事業のリードとして従事する。

全ての「KCS」セッションを表示

全てのセッションを表示