FAQ
 
認定手順

認定のプロセス
国際認定を取得するには以下の3つのステップがありますが、まずはHDI-Japanまでお問い合わせください。

Step1 事前準備

  • 情報収集(スタンダードについての理解)
  • 認定に向かう意思決定(事前提出資料、事前質問票の作成)
  • オーディタの選択(HDI認定オーディタ)
  • センターでの準備(インタビュースケジュール作成、オーディタ打合せ)

Step2 現地監査

  • 現地監査オーディト(文書確認、インタビュー、運営観察)
  • オーディタによる認定申請書提出

Step3 センター認定

  • オーディト検証(HDIによる結果及び監査に確認)
  • 国際認定認証(米国より認定証、認定盾到着)
  • 公表/更新

国際認定を取得するには、オーディトの結果の総合評価(0〜4)が2.5ポイント以上で、なおかつ各8要素の得点が2.3ポイント以上必要です。
認定更新は2年ごとで、その時点の最新スタンダードにて現地監査を行います。
認定費用(事前準備ガイド、現地監査オーディト、最終認定費用など含む)
・・・3,600千円(税別)
再認定費用(更新監査)・・・1,800千円(税別)
この費用は一か所の1センターで、複数センターなどの場合には別途見積りとなります。なおオーディタの交通費、宿泊費は含まれていません。

オーディトレポート
認定の合否に関わらず、オーディタはオーディトレポート(約100ページ)を作成し、HDI監修のもとセンターに届けられます。各スタンダードの詳細な評価結果が含まれており、改善の資料として有効です。