役員紹介

代表取締役CEO 山下辰巳
米国系製薬会社ファイザー株式会社にて、営業、マーケティング、販売計画、IT企画管理を歴任し、初のヘルプデスク構築をした。オーストラリア留学を経て株式会社ヤナセ入社。情報システム部門IT戦略担当として、社内ヘルプデスク、社外向けサポートセンター構築。その後HDI(米国ヘルプデスク協会)に留学しHDI国際標準化委員会メンバーとして、数々の国際サポートスタンダードの作成にあたった。2001年HDI-Japan設立と同時に現職。アジアで最初のHDI認定オーディタとなり、国際的スペシャリストとして海外からの各種要請にも応え、世界各国との連携やアジアでのHDI普及にも携わっている。
 
取締役オペレーション統括部長 鈴木謙人
1983年に、早稲田大学理工学部を卒業し、富士通株式会社に入社。システムエンジニア/プロジェクトマネージャとして、コールセンターを中心に音声系システムやCRMシステムの構築/運用に従事。また、IT面のみならず人材育成や運用プロセスの観点で、コールセンター運用の現場改善・品質向上に従事した。2008年に、HDI国際認定オーディタの資格を取得し、以降、HDIサポートセンター国際認定スタンダードを軸に、各社のオーディトやアセスメント、認定取得プロジェクトの牽引を行っている。2021年より、HDI-Japan取締役オペレーション統括部長。
 
相談役 ロン・マンズ
(HDI創立者、シンクサービス Inc. 前CEO)
テキサス大学卒業後、1976年にCPA認定取得。プログラマ、プログラミング・マネージャ、そしてErnst & Youngにてコンサルタントとして勤務後、自身のコンサルティング・ファームであるR.J. Muns カンパニーを設立。そして世界のサポート専門家の最大組織であるHelp Desk Instituteの設立に至る。さらには、後に世界のヘルプデスク業界に貢献する先端ソフト・ウェア会社となる、Bendataを設立。HDIとBendataの2社は、1992年にZiff Davisによって共に買い取られるが、1999年3月、HDIはZiff Davisから再びマンズ氏のもとに戻ることになった。IT業界において30年以上の経験をもち、現在ではヘルプデスクの生みの親として知られている。
HDI Academy 2020